「クレンジングっていろんな種類が合って選び方がわからない」 

「メイクを落とすだけだからクレンジングは何でもいいんでしょ?」 

そんなふうに思ったことはありませんか? 

肌の表面には、メイクや汗・皮脂、ホコリやチリなどの空気中の汚れも付着しています。これらの汚れを放置しておくと肌に悪影響になってしまうため、クレンジングでしっかり落とすことが大切です! 

クレンジングを選ぶポイントは、自分の肌タイプとメイクの濃さに合わせること。この記事を読めば、肌タイプに合わせたクレンジングの選び方がわかりますよ♪ぜひ参考にしてくださいね! 

クレンジングの種類と特徴 

「クレンジングって種類が多いけど違いがわからない……」という方に向けて、代表的なクレンジングの種類と特徴をご紹介します! 

クレンジングオイル 

洗浄力
洗い上がりさっぱり
落とせるメイクしっかりベースメイク ・ウォータープルーフのポイントメイク

オイルタイプのクレンジングは、とにかく洗浄力の高さが特徴。

主成分が油なので、濃いメイクにも馴染みやすく素早くスッキリ落とせるのがポイントです。

クレンジングクリーム

洗浄力
洗い上がりしっとり
落とせるメイクリキッドファンデーションなどしっかりめのベースメイク

クレンジングの中でも、クリームタイプは一番保湿力が高いです。濃いポイントメイクは落ちにくいですが、メイクとクリームをゆっくり馴染ませることで優しくベースメイクを落とせます。

クレンジングミルク

洗浄力
洗い上がりさっぱり
落とせるメイクBBクリームなど軽めのベースメイク

ミルククレンジングはポンプ式のものが多く、乳液のような軽い感触です。コットンに出して拭き取るタイプと洗い流すタイプがあり、肌への負担が少ないのが特徴です。

クレンジングジェル

ベースに厚みがあって摩擦レスなジェルタイプは、オイルフリータイプと油性タイプの二種類あります。

<オイルフリータイプ>

洗浄力
洗い上がりさっぱり
落とせるメイクBBクリームなど軽めのベースメイク

オイルフリータイプは、まつエク使用でもそのまま使えます。洗浄力自体は弱めですが、軽めのベースメイクなら肌の負担なくやさしくオフできます。

<油性>

洗浄力
洗い上がりさっぱり
落とせるメイク・リキッドファンデーションなどのしっかりベースメイク
・ポイントメイク

油性タイプは洗浄力も高く、ポイントメイクや毛穴汚れもしっかりオフできるのが特徴です。肌に乗せるとあたたかくなるタイプもあり、毛穴の詰まりが気になる人にもおすすめ

クレンジングバーム

洗浄力中〜高
洗い上がりさっぱり
落とせるメイク・リキッドファンデーションなどのしっかりベースメイク
・軽めのポイントメイク

バームタイプは、オイルをバター状の半固形に固めたクレンジング。

クレンジング力が高いものが多く、ベースがしっかりしているので摩擦レスでなめらかな使い心地

【アイコニックショップにオススメアイテム】


KATAN カタン シカ クレンジングバーム 【100g】 シカケア

クレンジングシート

洗浄力中〜強
洗い上がりしっとり
落とせるメイク・リキッドファンデーションなどのしっかりベースメイク
・ポイントメイク

クレンジングシートは、ウェットシートにクレンジングが含ませてあるタイプ。液だれの心配がないため場所を選ばず使用でき、クレンジング力も高いものが多いです。

シートで拭き取るタイプのため、摩擦による肌ダメージが心配。毎日の使用は避けたほうがいいかも。

クレンジングの選び方を肌タイプ別に解説!

ご紹介したようにクレンジングにはたくさんの種類があります。ここからは肌タイプに合わせたクレンジングの選び方をご紹介します♪

乾燥肌

肌の水分油分どちらも少なめタイプ。肌のキメが細かく肌がきれいな人が多いものの、乾燥による粉吹きやカサつきを感じやすいため、クレンジングもしっとりタイプを選ぶようにしましょう。

【おすすめのクレンジング】

クレンジングクリーム

肌のうるおいを守りながら汚れを落とせるクリームタイプは乾燥肌でも安心して使えます。オイルタイプは落としすぎてしまうかもしれないので、乾燥が気になる時期に毎日使用するのは控えましょう。

脂性肌

顔全体がベタつきやすく、乳液やクリームをつけるとニキビができやすいタイプ。油分が多いクレンジングを使用すると毛穴の開きが気になることもあるので、さっぱりした洗い上がりで洗浄力の高いものを選びましょう。

【おすすめのクレンジング】

クレンジングオイル

オイルタイプのクレンジングでメイクや皮脂をしっかり落として、スキンケアでうるおいを補いましょう。

混合肌

Tゾーンがテカリやすく、頬や口・目周りが乾燥しやすいタイプ。部分ごとに悩みが違うためスキンケア選びが難しいと感じる人も多いかもしれません。クレンジングは中程度の洗浄力のものを試してみて。

【おすすめのクレンジング】

クレンジングジェル、バーム

厚みのあるベースで肌を労わりながら落とせるタイプがおすすめ。Tゾーンの毛穴の黒ずみは、ジェルやバームタイプでやさしく擦ると肌に負担なく落とせます。

敏感肌

肌荒れしやすく、赤みも出やすいタイプ。季節やホルモン変化によって肌悩みが変化しやすいので、洗浄力の高さよりも肌に負担の少ないクレンジングを選んで。

【おすすめのクレンジング】

クレンジングミルク

肌に負担の少ないミルクを使用して、なるべくこすらず、やさしく落としましょう。

クレンジングの選び方に関するよくある質問

まだクレンジングの選び方に迷ってしまうという人へ、よくある質問をまとめました!肌タイプやお悩み別でクレンジングを選ぶ時に参考にしてみてくださいね♪

毛穴の汚れが気になるなら?

オイル、バーム、油性ジェルタイプがおすすめ。

「Tゾーンは毛穴汚れが気になるけど、頬や目元は乾燥する」など顔の中でも悩みが異なる場合は、部分ごとに使い分けをしてみて。

ポイントメイクも一緒に落としたいなら?

ベースメイクとポイントメイクを一気に落としたいなら、オイルタイプがおすすめ。肌の乾燥を感じやすい人はクレンジング・洗顔のあとすぐにスキンケアをして乾燥ケアをしましょう。

日焼け止めだけでもクレンジングは必要?

使用した日焼け止めが石鹸落ちタイプでなければ、クレンジングが必要です。特にウォータープルーフタイプの日焼け止めは洗顔だけでは落ちません。

クレンジングの選び方をマスターして美肌を目指そう!

クレンジングと一言で言っても種類はさまざま。自分の肌タイプやメイクに合わせて選ぶようにしましょう♪

クレンジングの効果を高めるために、使用するときはパッケージの注意書きをよく見て正しい使い方をしてくださいね。

クレンジングで汚れやメイクをしっかり落とせば、その後のスキンケアもさらに効果UPすることも。さらに美肌に近づくために、肌タイプに合ったクレンジングを選びましょう♪

アイコニックオススメ商品

温感クリアな洗浄力 Potanini クレンジングジェル
温感クリアな洗浄力
Potanini クレンジングジェル
KATAN カタン シカ クレンジングバーム 【100g】 シカケア